心身のリハビリ師とは|高齢化社会で高まる整体師のニーズ!資格取得で始めよう
男女

高齢化社会で高まる整体師のニーズ!資格取得で始めよう

心身のリハビリ師とは

治療

最新情報を把握しよう

リハビリというと歩行などの身体を動かす能力を回復する目的というイメージが強いですが、このタイプのリハビリは理学療法士の資格を持つ方が行います。一方、近年では精神分野のリハビリを担う作業療法士も注目を集めています。作業療法士の資格は国家資格の一つで、所定の期間の実習や国家試験の合格などの要件を満たした上ではじめて取得できます。以前は待遇の面で不満が多かった作業療法士の仕事は、現在では精神疾患の患者数の増加に伴って需要が高まり、少しずつ労働環境・条件が改善しつつあります。このよう作業療法士の情報は、最新の情報が多いインターネットも追いつけないペースで変化しているため、所属している大学や実際の作業療法士を通して仕事の現状を理解するように注意しましょう。

大学と専門学校

作業療法士は大学でも専門学校でも取得可能な国家資格ですが、それぞれで学習の内容やその後の進路が大きく異なっています。まず、専門学校の場合は2年で必要な知識を身につけて実習を行う必要があるため多忙にはなりますが、最短で作業療法士の資格を取得できます。学費は高額になるものの、大学と同じく奨学金が受け取れる上に専門学校独自の奨学金があることも多いです。一方、大学では必要な基礎知識とともにより学問的な学習や研究、実験を行うという点で専門学校と異なります。大学院への進学も可能なので、将来研究職を目指す場合やより高度な治療を提供したい方に最適です。自分に合ったプロセスで作業療法士の資格を取るためには、上記のような2つの教育機関の特徴を理解することが重要です。