病院で働く人々|高齢化社会で高まる整体師のニーズ!資格取得で始めよう
男女

高齢化社会で高まる整体師のニーズ!資格取得で始めよう

病院で働く人々

ベッド

色々な職種

病院で働くには、様々な職業があります。特に医療系は資格が必要な職業が多くあります。有名な医療系の資格としては医師・看護師・薬剤師・理学療法士・放射線技師・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士などがあります。医師・薬剤師は6年間の大学で講義・実習を行い、2月に行われる国家試験に合格することで資格を得られます。看護師・理学療法士・放射線技師・作業療法士・介護福祉士・社会福祉士は3年ないし4年生の専門学校や大学に通い実習を行い、2月に行われる国家試験に合格することで資格を得ることが出来ます。どれも簡単になれるものではなく、医療系は患者の命を預かる職業ですので、講義・実習が必須になります。このほかにも、助産師や言語聴覚療法士・栄養士などが医療系の資格です。

リハビリなどにも対応

医師や看護師・薬剤師は医療系の資格でも有名なので仕事内容は知っているかと思います。理学療法士・作業療法士はリハビリをメインに行う職業です。筋力が低下した高齢者や骨折後のリハビリを行います。介護福祉士は患者の生活の援助をする仕事です。高齢者施設や老人ホームにも働く人が多くいますが、体位交換や食事の介助、入浴介助などを主に行います。放射線技師やレントゲンやCTを撮影する際に患者の援助をする仕事です。どの仕事も患者の命に直接かかわる仕事で、勉強が重要です。学生時代の講義・実習だけでなく、働き出してからも一生勉強を続けていかなければいけない仕事です。国家試験は一度合格すれば資格はそのまま保有できますが、資格を取って就職できれば終わりではなくて、就職した後にも勉学に励むことが大切です。