男性

高齢化社会で高まる整体師のニーズ!資格取得で始めよう

高齢化社会でニーズ高まる

整体師

体の歪みを調整する

整体師は、肩こりや腰痛などの慢性的な体の症状を中国発祥の手技によって改善する職業です。肩こりや腰痛は日本人のおよそ8割以上が感じている悩みと言われ、国民病とも称されています。これらの症状の原因は、長時間のデスクワーク等による姿勢の悪さにより骨盤や筋肉に歪みが生じたことで起こると考えられています。整体師は、この体の歪みを手技によって調整し、正常な状態に戻していくのです。現在我が国は、高齢化社会が急ピッチに進行しています。働き盛りの人はもとより、これから増加するとされる高齢者にとって肩こりや腰痛といった慢性的な体の痛みは避けられない悩みであることから、これを改善する整体師のニーズは今後ますます高まると考えられているのです。

知識と技術を身につける

整体師になるにあたって、必須とされる国家資格は用意されていません。つまり誰であっても名乗ることは可能ですが、しかし人の体の状態を整える仕事であるだけに正しい知識や技術がなくては実質的に施術を行うことは不可能です。そのため整体師を目指す人のほとんどは、整体師を養成する専門学校に通い、そこで必要な知識や技術を学んでいきます。なお、専門学校以外に通信教育でも整体師を目指す講座がありますが、専門学校では座学以外に施術を実習で学ぶことができるという特徴があるため、早く一線に出るにはやはり専門学校の方に軍配があがるとされています。先にあげたように整体師には国家資格はありませんが、多くの専門学校では課程の修了時に民間資格が与えられます。民間資格を与えられたということは、基本的な知識や技術を習得した証となるため、就職の際に有利となると言われています。

リハビリテーションのプロ

施術

リハビリの専門家と言われることもある職業に理学療法士があります。お医者さんと同じくらい重要な仕事です。理学療法士は国家が指定した学校を卒業することで、初めて国家試験を受けられます。

View Detail

心身のリハビリ師とは

治療

作業療法士の資格は近年需要が高まりつつあり、待遇面などの事情が目まぐるしく変化しているため、実際の関係者から情報を得ることが大切です。大学と専門学校で作業療法士の資格を取得できますが、それぞれで学び方やその後の進路が異なります。

View Detail

病院で働く人々

ベッド

医療系の資格は国家試験で得られるものが多く、様々な資格があります。医師・看護師・薬剤師・作業療法士・理学療法士・放射線技師・社会福祉士・介護福祉士・栄養士などです。どれも学校で講義や実習を経験します。患者の命に関わる職業です。一生勉強を続けていかなければいけないです。

View Detail